スポンサーリンク
スポンサーリンク

子犬のカスミン

愛する犬が亡くなってしまってから2か月が経ち

私は犬が欲しくて仕方なく、子犬を探す日々。

亡くなった悲しみから

心に絶望の蓋が開くことはなかったが(前は開いた)

犬がそこにいるだけで、その愛らしい姿に癒され

犬の香りがするだけで、大自然の清々しい匂いに包まれたように気分が良くなった。

そういった、日々心から湧いてくる愛しい感情も、犬と一緒に消えた。

きっと生まれ変わってきてくれると勝手に思い

同じシーズー犬の女の子ばかり探した。

そして

慎重に探していたはずが

ある時混乱してしまい

それがきっかけで迎えた子は

亡くなった子とは似ても似つかぬ変な顔のシーズーちゃん(笑

はじめて来た我が家に、まるでずっと住んでいたかのように

子供と遊び、家をかじり、ゴミあさりをし、ご飯をモリモリ食べ、夜は一緒にスヤスヤ寝た。

初日からずっと、その生活を送っている。

カスミンと名付けた。

だけど、感情が湧いてこない。

亡くなった犬のように、心の底から湧いてくる、愛しい感情。

可愛いとは思えても、それ以上に深みのない感情を持つ自分に焦った。

まだ、出会って間もないから、信頼も愛情も浅いんだ。

亡くなった犬は、たった11年だったけど、その11年の年月が

深い信頼と愛情となり、日々癒され幸せな気持ちでいれたんだな。

新しい子犬を迎えてから

犬が本当に亡くなってしまったことを実感して、辛く泣いていたけど

カスミンはカスミンで

一生懸命生きてる。やっぱり可愛い♡

次の犬を飼うことで、亡くなった犬への想いが変わることはないけど

気持ちはだいぶ安定したと思う。

数日後、夢を見て

犬と共に消えてしまった、心の底から湧く愛しい感情は

消えたのではなく、犬と一緒に安らかに眠ったんだと思うようになった。

寿命が違うと頭では分かっていても

それでも一生この犬と一緒に暮らしたかったので

私のその感情は犬が亡くなったと同時に、一緒について行き、共に仲良く眠ってるんだ。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク