スポンサーリンク
スポンサーリンク

ローコスト建売の建物代は900万円程らしい

とある不動産が、建売と注文住宅の金額差について、詳しく教えてくれました。

我が家はどちらにしろ2千万円台のローコストしか無理なので

中堅の建売メーカーは、また話が全然違ってきます。

とあるローコストメーカーで建てられた販売価格2700万円程度の建売のケースだと

土地代1400万円

建物代900万円

その他諸々で200万円

という内訳になっているそうです。

実際購入する際には、別途オプション代や諸経費がかかります。

しかし、それは建売だからこそできる値段で、仮に全く同じ家を注文住宅で建てた場合は、安くても建物に1200万以上はかかる様子。

更に外構やその他工事費用などもかかってくるので、その位の値段の注文住宅を建てるなら費用面では建売の方がお勧めだそうです。

土地も、業者が広い土地を買い上げて区画割しているから、一から土地購入するよりだいぶお買い得になっているとのこと。

確かに土地情報を見ていても、条件の割に価格が安いのは建物条件付きか建売予定の土地くらい。

そういった条件のない、一見お買い得な値段の土地は、不動産に問い合わせたり実際見学してみると、土地の一部が建築不可だったり、間口が車一台ギリギリ通れる位狭いなど、相応の訳がある土地ゆえに安く販売されているだけだとわかりました。

まれに、値段を下げてでも早く売りたいという売主がいて、本当にお買い得な土地もあるけれどめったにお目にかかれないそうです。

我が家はしばらく、建売か注文住宅で迷いましたが

注文住宅は、土地が決まらない事には、だいたいの目安になる間取りや見積もりなどを作成できないようです。

仮の土地に適当に見積もりを作るというようなことは、土地ごとにかかる費用や設計など違ってくるので安易にはできないとのこと。

その業者の強みや利点などの説明を聞くことはできても、建売のように具体的な数字や建物そのものを見ることが出来ず、どこか宙の浮いた話しかできないのがデメリットですが、自分で一から家づくりができるのは、やっぱりとても魅力的です。

ですが、建売・注文住宅の両方の業者に言われました。

「注文住宅でその予算だと、調整区域の土地になりますよ」

私は、正直調整区域の土地に魅力を感じるし、旦那も抵抗がないようで

建売の新着も見ながら、土地情報も探す日々が続いたのでした。

スポンサーリンク