スポンサーリンク
スポンサーリンク

オークションで偽物を購入したときの話

過去のメールを確認していたら、数年前オークションで偽物を購入した時のメールが残っていました。

オークションは偽物が多いとは聞くけど、自分なりに色々調べ、少しでも怪しい商品は落札しなかったので、ブランド品で痛い目みたことはなかったです。

その時私が購入した商品は、ノーブランドに近い無名ブランドの商品で、取引相手も個人ではなく千以上の評価がついている業者。

ブランド品ではないので、偽物かどうかを疑いをかけることもなく、完全にノーマークでした。

スポンサーリンク

開けてガッカリ、何かが違う・・・

当時の私は、もう結婚もして子供もいることだし、自分用の礼服くらいは持っておきたいと、礼服の購入を検討していました。

ネットで検索すると、礼服は見る人が見れば、一目で値段が把握できてしまう品物らしい。

他の物でも値段によって品質が違うのは当たり前ですが、礼服はそれが顕著に表れると。

かといって普段着るものでもなく、着る機会がいつ訪れるかもわからない礼服。

時が経ち、体系が変わったり和装の似合う年齢になったりして、着れなくなるかもしれないものに何万円もかけたくない。

安く済ませたいけど、品が品だけに中古は嫌・・・と悩んでいたところ

オークションで定価5万円以上の新品礼服が1万円で売られているのを発見!!

安いものには安いなりの訳(B級品等)があるはずですが、商品説明文にはその「安い理由」が一切記載されておらず、完璧な商品をなぜ安く売ることができるのか、その点ちょっと不審に思い一度は購入を渋りました。

ただ出品者は公式ショップの業者で、取引数も1,000以上あり評価も良好、商品画像は豊富&鮮明で生地の質感までもがよく伝わり、やはり1万円でここまで高級感のある礼服はここでしか売ってない、この商品が届くなら大丈夫だろうと落札に踏み切ったのでした。

数日後、ワクワクしながら届いた商品を開封。

あれれ??なんだか想像していたのと違う・・・

第一印象でそう感じました。

デザインは問題なく、ただ生地の品質が画像よりだいぶ悪いように見える。

まぁ、ネットショッピングする以上、画像で見た印象と実物が違っているリスクはつきものなので、今回はちょっと残念な買い物だったなと諦めることに・・

・・・

・・・できなかった!!

その礼服を見た母が

「何この安っぽい服・・・礼服??」

と、生地を観察し触りだしました。

「この礼服、いくらに見える?」

と私が聞くと

「いくらも何も、この礼服、洋服の生地で作られてるじゃん!

どんなに安くても、礼服には礼服用の生地っていうものがあるの!」

と母の礼服を見せてくれました。

違いは一目瞭然。

オークションで購入した礼服は、やっぱり礼服でもなく黒のスーツでもなく、3千円くらいのジャケットによく使われていそうな洋服の生地です。

礼服は漆黒の専用生地で作られていて、その生地が礼服専用で作られてないなら、それは礼服とは言わない。

形を礼服に似せただけの洋服、なんちゃって礼服です。

「こんな恥ずかしい礼服、葬式に着ていけないよ!

普段着の洋服で着るしかないね。でも、形はどう見ても礼服だからねぇ・・う~ん・・」

と、この礼服をどういう場で着れば良いのか悩みだし・・

「もういい、返品する!」

一万円出せば、ショッピングセンターや通販で、きちんと人前に出れる、普通の礼服が買える値段です。

見る人が見れば安物の礼服でも、神聖な場に洋服を着ていくよりだいぶマシです。

オークションの礼服は、なまじシルエットが完璧な礼服だけに、どこへ着て行くにも恥さらし・・

こんなモン着れるか!と、返品することに決めたのです。

返品の不安

そうは言ったものの、基本的にオークションは返品不可

「イメージと違った」程度では、返品できないかもなぁと凹みました。

オークションの商品画像では生地の細部まで鮮明に写されていて、しっかり確認したはずなのに、実際は礼服ですらない洋服の生地だったなんて・・・

泣き寝入りか・・・と思いながら、改めて商品ページの画像を見てみた所、そこには絶対に洋服の生地なんかではない、高級感漂う正真正銘礼服用の生地の礼服が写っていました。

・・・?あれ?

これ、商品自体違わない??

まさかオークション実績の多い業者が、出品した商品と違う商品を送る違反行為をしてくるとは夢にも思っておらず、その時初めて気が付いたのです。

商品自体違うじゃんよ!!

なんちゃって礼服を手元に持ってきて、商品画像と見比べてみると・・

出るわ出るわ、細部の至る所に相違を発見。

全体的なシルエット自体は似ていても、完全に別物の商品でした。

決定的に違うのが、ブランドタグの部分で、明らかに別の名前のブランドタグが付いています。

念のため画像・実物両方のブランド名を検索かけましたが、どちらもヒットしない無名ブランドでした。

やった!!商品自体違うなら正々堂々と返品できる!

・・・いや、待てよ。

商品受け取り報告は済ませていて、もう取引は終了しているようなものなので

商品受け取り報告前と違い、業者側がゴネたり無視したりすれば、やっぱりこちらは泣き寝入りなんでは・・・?

いくら届いた商品が出品商品と違っても、運営側に頼んで何でも解決してくれる訳ではないので、オークションはトラブった時には酷い目に遭いやすいもの。

それでもこちらはメールで返品請求するしかないので、不安を感じながらも業者にメールを送りました。

意外な対応

30分後、まだ返信来てるわけないと思いつつ一応確認してみると、なんと業者から返信が届いていました。

対応早っ!!

その内容は・・

商品自体が違っていたとのことで、こちらのミスで大変申し訳ありません。

卸業者に確認したところ、ブランドタグは違いますが、商品自体は間違いなく同じ商品とのことでしたので、再度ご確認下さい。」

いや、間違いなく商品自体違うだろ!

そうか、業者には卸業者というものがいて、どっちの責任かよくわからないようにごまかしているんだな。

再度、確認しましたが別物なので返品お願いしますとメールしました。

業者側がまたゴネて長期戦になるかと危惧もしていたけど、次の返信も早かった。

「返品承りました。本日中に代金を全額振り込み、翌日には入金確認できるようにしておきます。商品は着払いで返送をお願いします、本当に申し訳ありませんでした」

おぉ、2度目のメールであっさり返品OKとは!

それまで感じていた、業者に対する不安感が吹っ飛んで行った。

翌日口座を確認すると、きちんと約束通り全額返金されており、なんだか業者の誠意まで感じてしまった。

商品を着払いで郵送した。

私は、礼服を購入することはできなかったが、金銭面で損することもなかった。

業者の評価欄

その業者の評価欄を詳しく見ていくと

「この度は、お得に良い品を購入できて大変満足しています」との評価コメントが圧倒的でした。

もし自分以外の人にも商品画像とは微妙に違う別物を送りつけてるなら、落札者側も「大変満足」という言葉は使わないんじゃないかな、私の商品だけだったのかな?とモヤモヤ。

「残念な結果となりましたが、取引自体は良かったです」

悪い評価、良い評価共に、こういうコメントが何件かありました。

この人たちは私と同じ偽物を送られた人で、同じようにすぐ返品してもらったんだろう。

あんなゴミにしかならない、なんちゃって礼服が一万円なら、かなり利益が出る筈です。

別の安い商品を送るんだから、「高級品が安く販売できる理由」の説明がないのも納得です。

しかし確かに、商品自体はともかく、返品対応はとても早かった!

初回のメールで返品OKとは返ってきませんでしたが、自分のミスで自分が悪いということを認めて詫びていたし、2回目のメール後の返品手続も思っていたより断然スピーディーに対応してくれました。

そうか、オークションって商品そのものも大切だけど、取引が円滑に進むことも同様に重視されるポイントだから、腹が立って悪いコメントをつける程でもなくなってしまうのですね。


こんな業者も居ましたし、もしかしたらまだ同じことやっている人がいるかも知れないので

もし届いた商品が画像の印象と全然違っていたら、別の商品が届いてないかチェックして下さいね。

私は今も、定期的にオークション利用しています♪