スポンサーリンク
スポンサーリンク

ペット葬祭へ

朝一に旅立ったうちの犬。

パパは早朝勤務で、子供たちは全員寝ていた。

うちの犬をテーブルにそっと寝かして

はさみやガーゼなどで、目や口周りを綺麗にした。

ほら、じっとしていてくれれば、こんなに早く終わるのに。

しばらく犬と二人の時間を過ごし、パパに連絡すると、すぐ帰ってきてくれた。

本当はもう一晩くらい、一緒に居たかったのだけど

6時間後に、ペット葬祭の予約をした。

豊橋の、天遊堂というところ。

約束の時間に到着すると、優しそうなお姉さんが出迎えてくれた。

こじんまりとした綺麗な部屋で

キャンドルセレモニーという、ウェディングのような可愛らしい葬儀を行い

犬には、天国行きのチップを渡した。

そのあとの火葬で

ももちゃんはまだ年中さんなので、意味を理解することはないだろうと高を括っていたら

火葬が終わった後の立ち合いで、犬が骨になったことを瞬時に悟り

「犬は?!犬がお骨になっちゃったの?!」

と、取り乱して泣いていた。

お腹の方に黒い塊があり、これが腫瘍だったんだとすぐにわかった。

もう病気から解放されて、また元気に走り回れるようになったんだ。

黒い塊がついている骨を骨壺に入れないようにしていたが

途中で気が変わって、黒い塊が少しだけついている骨も入れることにした。

腫瘍と闘いながら、頑張って生きてくれた骨だからね。

天遊堂を出た後は、久々に家族で外食をすることに。

もう、早く家に帰らなくても、犬は待ってないからね。

ここに遺骨もあるし。

待ってないからね。

・・・待ってるかもしれない。

やっぱり早く帰りたいと、イライラしてきた。

帰宅すると、犬はいなかった。

スポンサーリンク

シェアする

スポンサーリンク