スポンサーリンク
スポンサーリンク

一人ぼっちのだるまさんがころんだ

4歳のモモちゃんと2歳のチヨ君が2人で遊んでいるとき、モモちゃんが「だるまさんがころんだしよう!」とチヨ君に言った。

チヨ君は「おう!」やろうぜ!と快く返事していたけど、はたしてチヨ君はだるまさんがころんだを理解しているのだろうか?

しばらく観察していると、鬼の役になったモモちゃんが壁に向かい「だるまさんがころんだ!」と振り向く。超笑顔で。

チヨ君はその場に突っ立ったまま動かなかったが、ルールを理解しているというより、モモちゃんが一体何をはじめたのかわからずに呆然と立っていた。

チヨの姿を確認したモモちゃんは再度壁に向かい「だるまさんがころんだ」と振り向くが、チヨは一向に進まない。

状況がわからず、ずーっとその場に留まったまま。

何度かモモちゃんが振り向いた後、突然何かに気が付いたチヨは、慌ててカーテンの裏に身を潜めた。

かくれんぼと勘違いした様子。

チヨが隠れてしまい、誰もいなくなったその場所で、モモちゃんは一人「だるまさんがころんだ」と振り向いていた。

何度も何度も。しかも結構楽しそうに

モモちゃん一人のだるまさんがころんだを見ている私の方が気の毒になってきて、参加しようかと思い始めた頃、モモちゃんはようやくチヨ君が隠れてしまったことに気が付いて、「もうなにー」と笑いながらチヨ君を探し出した。

隠れていたチヨ君の方も、いつモモちゃんは探しに来てくれるのかとヤキモキしていたらしく、モモちゃんが近寄っただけで大笑いしてすぐに発見。

普段は喧嘩ばかりしてる兄弟だけど、たまに観察してると面白い☆

そういえばチヨ君は最近自分とモモちゃんの事を「ルー」と呼ぶので、私もたまにチヨ君のことをルーと呼んでいる。

スポンサーリンク