スポンサーリンク
スポンサーリンク

旦那が帰宅しなかった日

朝いつものように「行ってきまーす」と出勤した旦那。

22時のどうでもいいLINEを最後に、0時を過ぎても連絡もなく帰宅もしなかった。

そんなことは今まで初めて。遅くなるときは必ず連絡があった。

いつも就寝時は旦那に幼子一人看てもらい、私は二人の子の真ん中で川の字に寝る。

旦那が看てくれないと子供が寝てくれないので大変だ。

その日も1時頃チヨが泣いたのを皮切りに全員起きて泣きだしたので、イライラしながら子供が寝るのを待った。

4時を過ぎて、子供たちが全員就寝して静かになった後、そいや旦那いくらなんでも遅すぎると気が付いた。

私は旦那の心配よりも、もう子供が寝れる環境が用意できる家に引っ越さなきゃ無理だという気持ちで一杯だった。

それでも、22時のLINEを最後に私からも全く連絡していないので、旦那が4時過ぎまで帰宅しなくても全然心配しない妻と思われたくなくて携帯に電話してみた。

出ない。

しばらく考えて、やはり電話一回のみでは心配が足りてないように思われるので、更に数回電話してみた。

出なかったが、これで「心配している」という証拠にはなっただろう。

それから2時間が過ぎ、6時になった。

もうすぐ夜明けだ。こんな時間まで帰宅しないのは異常だ。

寝ずにきちんと起きて心配していたと思われるように、また着信を残しておいた。

もしこのまま帰宅せず、朝職場に連絡しても出勤していなかったら、警察へ連絡することになるだろう。

警察だったら携帯の電源さえ入っていれば場所が特定できるはずなので、本当は心配で掛けたかったけどバッテリーを減らさないようにあえて電話しなかったという理由で、もう着信は残さなくていいなと考える。

あ、でも心配していて電話もしないのだったらLINE入れておくべきだよなと気が付き、LINEに一言「どこにいるの?」とメッセージを送った。

よし!完璧だ!

これで心配していなかったと疑われることはないだろう。

それでもなぜ、私はこんなに全く心配にならないのか。

清々しい夜明けの空を眺めながら、旦那は絶対無事という確信だけあるのが不思議だった。

朝8時に、旦那から着信があった。

ほら、やっぱ無事じゃんと電話に出ると

「泊りがけで取引先の忘年会行ってるよ。一週間前に伝えたんだけど、昨日言うの忘れてごめんね」

とのこと。

だから心配にならなかったんだなと納得。

私は全く覚えてなかったけど、心のどこかで記憶していたんだね。

スポンサーリンク