私自身、特に何の資格も取り柄もなく

子供が0歳、1歳の頃から働いていました。

求職活動で子供を保育園に預けることからはじめました。

 

同じように

未経験から新しい仕事を始める人に

育児中でも働きやすい仕事を

私の経験から書いていきたいと思います。






スポンサーリンク





 

まずは、子供を保育園に預けて

外へ働きに出る場合に

最も重要なポイントがあります。

いざという時には、保育園以外にも子供を預けれる場所がある

 

これは本当に、重要です。

働くために保育園に入園しても、いざという時のために

保育園以外の預け先の用意がないと、採用に至るまでが大変だったり

働ける職場も限られてしまいます。

 

祖父母やパートナーなど、自分以外に子供を預かってくれる人がいること。

平日の日中だととても有難いですが、その時間でなくても

たまにでいいので、夜や土日祝だけでも預かってくれる人がいると全然違います。

 

例えば、面接の段階で

「平日の日中の勤務を希望します。それ以外の時間は働けません。

子供が病気で突発的な休みがあります」

では、よほど育児中のお母さんに寛容な職場以外はまず受かりません。

しかし

「人手が足りない時や繁忙期などは、子供が病気でも

家族に看てもらって、できるだけ出勤するようにします」

「場合によっては夜や休日も働けます。

急な呼び出しも出来る限り、応えようと思っています」

などと言えると、受かる確率がグンとUPします。

 

採用する側としては、平日の日中は働き手も多いので

わざわざ残業もできない、突発休が多い人を雇うメリットがありません

同じ育児中のお母さんでも、小さい子を育ててるお母さんと

小学生以上の子がいるお母さんでは、遅刻早退・突発休みの頻度が全然違うので

採用する側としては、できるだけ大きな子を育ててるお母さんを採用します。

 

しかし、急遽人手が足りない時や繁忙期などに

嫌な顔せず進んで仕事しようとしてくれる人は、結構貴重です。

 

繁忙期は事前にわかりますが、人手不足はその時になってみないとわからないので

実際に出れる・出れないではなく、そんな時こそ役に立ちたいという姿勢が大切です。

休みが多いのは困るけど、急遽要員は欲しいので

採用する側は悩みますが、経験上は採用される事の方が多いです。

 

デメリット

それはもちろん、人手が足りない時や繁忙期に

できる限り出勤しなければいけない事です。

 

私は、面接時にアピールはしていても

実際に夜や休日に出勤することは

ほぼありませんでした。

職場によって、全く違います。

 

知人のお母さんは、お盆やクリスマス、年末年始

できるだけ子供たちと一緒にいたい時間に

子供たちを祖父母に預け、パート三昧でした。

しかし、パートとはいえ小さい頃から憧れだったに就いています。

このお母さんの場合

期間で言えば年に2週間足らずの

繁忙期にここぞとばかりに積極的に勤務しているのが評価され

普段の平日日中勤務の方がおまけのような感じでした。






スポンサーリンク





休みが多くても仕事を続けるために

 

働く前は、夜や休日に働きたくないという

気持ちもわかりますが

いざ子供を保育園に預けて働きだすと

子供の病気で1~2週間程休みが続くことも

結構ザラにあります。

子供の人数が多い程、移って治っての繰り返しなので

更に休みが長期間に及ぶことも。

 

職場にもとても迷惑がかかりますが

休んでいる自分自身の精神的な負担も大きいです。

せっかく職にありつけたとしても

子供の理由で遅刻早退、突発休が多く

職場に迷惑がかかることが精神的に耐えられないと

仕事を辞めてしまうお母さんも実際に多いです。

 

そして、会社側からは簡単には

クビにできないという労働基準法もありますが

それを守っているのは優良企業や大企業くらいで

「こんなに休みが多いとは思わなかった。もう辞めて欲しい」

と会社側から告げられることもあります。

 

平日日中の勤務以外に、急遽要員であることは

普段仕事を休むことで職場に迷惑のかかるお詫びを

他の勤務で補うものでもあり

仕事が続かないリスクを軽減する役目も果たしているので

一概にデメリットだけが大きい訳ではありません。

 

子供を保育園に預けて求職活動しているが受からない

受かっても仕事が続かない人は、保育園以外の協力を得られないか

家族で話し合ってみて下さいね。






スポンサーリンク