前々から気になっていた、亡くなった人と話せる

霊能者さんの所へ占いに行ってきました♪

 

 

私が10代の頃に亡くなってしまった叔母と話がしたいです!

と言うと、霊能者さんは霊視をはじめてくれた様子。

『その方・・・優しくて、芯が強い人ね』

・・・さぁ、別にそんなでもなかったです

 

『・・・あなたがまだ10代の頃に亡くなられていてるので、私が見ている人と若い頃のあなたとでは、受け取る印象が違うのかもしれないですね』

そうですね

『この方、優しくて芯の強い方ですよ』

そうなんですね

 

『色んな場所に連れて行ってくれたでしょう?』

え?どこかへ連れて行ってくれたかな?覚えてないなぁ・・・

あぁ、でもみんなで色んな場所に行った気がします

 

『貴方の事を特に大切にしてくれたのね』

いえ、皆に分け隔てなくという感じで。特に私を大切にというのは・・

『でも貴方は、その叔母さんとは打ち解けて話せたんでしょう?』

いや、どちらかといえばその逆で・・

親しくされてたんでしょう?

うーん・・・

 

とまで言ったところで、思った。

なぜ、優しいとも芯が強いとも思ってない、生前の事をあまり覚えておらず特に親しくもなかった叔母さんと話がしたいんだよ!!と。

 

霊能者さんもそう思ったに違いありません。

もうこんなお客はイヤと内心へこたれてたかもしれませんが

そこは霊能者さん、頑張ってその後は叔母さんの言葉を引き出してくれました。

 

本当に聞きたかったことは、恥ずかしくて聞けず仕舞いでしたが

でも後々なんとなく、自己解決しました♪

 

終わった後は気分が晴れ晴れ😍

 

やっぱり占いは面白い!

 

 

Share