育児しながらタロット占い師として活動してきましたが

このたび新しくお腹に赤ちゃんが宿りました。

 

妊娠中でもタロット占いを続けていこうと思いましたが

今の所、妊娠中は一旦休業して、落ち着いた生活を過ごす予定です。

ブログもこれから育児の事なども載せていこうと思うので、宜しくお願いします。

 

妊娠した時に知りたかった事は、一般的に妊娠した占い師は出産まで仕事を続けるのでしょうか?

 

自分なりに調べてみましたが、なかなか妊娠した占い師に関するものが

見つからなかったので、自分なりに解釈したことを書こうと思います。

 

仕事内容は、占い師は妊娠中のお仕事に向いている

 

妊娠中は、肉体労働や立ち仕事などは、できるだけ控えるようにとされています。

椅子に座ったままできるような仕事が良いとされており、占い師は座ったまま仕事ができます。

そして、自分で予定を管理できる立場なら、体調に合わせて鑑定後はこまめに休憩できる時間を作ったり、一日の仕事量も自分の都合のいいように調節できますね。

その点言えば、占い師はバッチリ妊娠中のお仕事に向いています。

 

難点を言えば、急な体調不良でも、わざわざその日の為に予定を空けてくれたお客さんをお断りし辛い、突発的な休みには対応し難いということでしょうか。

急なお休みにも対応できるよう、他の占い師さんにお願いし協力してもらったり、お客さんにもあらかじめ伝えておくといった工夫が必要になってきますね。

 

妊娠中とインスピレーション

 

インスピレーションのような目に見えない力を使った仕事は、妊娠中は良いのか悪いのか?

という事は調べてもわかりませんでしたが、とにかく自分以外の占い師さんに聞いても

妊娠中とインスピレーションの関係は、体験も考えも人それぞれ全く違うようです。

 

人それぞれ全く違うのだから、人の意見は参考にはなりますが、結局は自分で得たものから

判断するしかありません。

 

私は妊娠してから段々自分自身にガードのようなものがかかり、それがどんどん大きくなってくに従ってインスピレーションが弱くなっていきました。

 

なぜインスピレーションが鈍くなったのかは、推測はできますがわかりません。

ですがインスピレーション自体が赤ちゃんに悪いものであれば、妊娠していなくても人に悪いものになってしまいます。インスピレーション自体は、良い悪いと判断できる類のものではありません。

私に限定して、妊娠中はなんらかの理由でガードがかかるだけで、妊娠中も変わらずインスピレーションが使えて満足に占いができる方も、いらっしゃると思います。

 

 妊娠中のお仕事は人それぞれ

占い師ではなく他のお仕事でも、妊娠初期から悪阻が酷いなどの理由で全く働けなくなってしまう人もいれば、出産直前までアクティブに働く人もいます。

私は悪阻も結構あり、インスピレーションが鈍くなった、消耗が激しい、そして妊娠してから泣くことが多くなったり情緒不安定になっているので、一旦お仕事は中止することにしました。

ですが、妊娠中は家でじっとしているよりも、働いていた方が気分転換にもなるし続けたいという方は、占い師は座りながらできますし妊娠中も続けられる良いお仕事だと思います。

ただ妊娠中はストレスの影響を受けやすくなるなど、心身の変化も大きいので

そこには十分気をつけたい所ですね。

特に情緒不安定は、気が張っている間は自覚症状に乏しく、人に指摘されるまで気がつかない一面もあります。普段から自分をよく知ってくれている人に、いつもと違う様子が続いたら教えてもらうよう頼んでおくのも一つの手です。

 

辞めるにしろ続けるにしろ、楽しい妊娠生活を送りたいものですね♪

 

 

Share